読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上半期をふりかえる(4月から6月)

今週のお題「2016上半期」


続き。

4月にブログを始めた。
でも最初の頃は何をどこまで書いたらいいのかわからなくて、改めて日記を見てみたら、これブログに書いてもよかったのではないか、という出来事もちらほら。
なにしろ帰省してるし。

実家は雪国なので、春が遅い。
4月の後半に、今年の桜は早いよ、もう咲き始めたよ、との情報を母から得て、週末に急遽帰省。
雪国の春は本当に美しいのだ。
雪が解けたあと、一斉に芽吹き、ほどけていく。
桜だってソメイヨシノばかりではない。むしろ近所にはソメイヨシノの方が少ない。山には山桜、公園には枝垂れの八重桜、鬱金御衣黄。地面にはたんぽぽ、姫踊子草、オオイヌノフグリ水芭蕉カタクリ、野生の菫。
春、最高。

f:id:macskak:20160629195318j:image
春の妖精


f:id:macskak:20160629195333j:image
ぽこんぽこんしてかわいい



ほかに印象的だったのは、ショートメールで人とやりとりする機会が多かったことだ。


帰省するその日の朝、Evernoteメールマガジンをなんとなく見ていたら、昔の友人がインタビューされていて、うおおと思ってメールを送るが、届かない。もう5年くらい連絡をとっていなかったから、そりゃそうか、と思う。
でも、元気そうでうれしいと伝えたい。私も元気だよと伝えたい。
本当にお世話になった人なのだ。

携帯メールが不通なら、ショートメールだねフフフ、と1月の経験を生かして送ってみたら、まもなく返事が来た。
あの頃ほんとうにありがとう、とも改めて伝えたかったけど、向こうは仕事中のようだし、手短に切り上げた。


その人とは、まさに雪国で暮らしていた頃に仕事で出会ったのだけど、当時の職場の所長にも、今から帰りますけど明日会社にいますか? とショートメールで送った。
結婚したときに報告したら、たまには遊びにこいよ! と言ってくれていたので。
今回は残念ながら仕事で別の場所にいるということで、会えず。


その数日後、大学時代の友人から、ショートメールが来た。
彼の会社の社長がうちの弟(大学が同じだったので彼とも顔見知りで、現在雪国の地方公務員)と会う機会があり、お世話になりました、というたわいない内容。
お互いの近況を軽くやりとりする。
もうすぐ子供が生まれるらしい。


そんな感じで、去年は二回くらい使ったかな? 程度の(そのうち一回は前述の所長だ)ショートメールに年始からやけにお世話になった上半期だった。
ナンバーポータビリティとかいうあれのおかげで、アドレスは変わっても電話番号は変わらない人が多いので、これは便利なシステムだなあ、と実感。


5月以降はちょこちょこブログに書いてるので、いいかな!
時間切れ!


ブログを始めて、少しずついろんな方に見ていただけるようになり、ありがたいかぎりです。
こんな毒にも薬にもならないような文章を、読んでくださる方。スターをくださる方。
本当にありがとうございます。
精進します。