読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だめな自分もまるごと愛する、ということ

普段そんなにアニメは観ない。
他のプリキュアも観ていない。
でも、ハートキャッチプリキュアは本当に大好きだった。

放送当時、たまたま母の日の回(名作)を観て、現在の夫と二人でぼろぼろ泣き、それから毎週観るようになったのだった。
数年前にテレビ神奈川で再放送をしていたので、全話録画した。
それを最近、何週間かかけて、最初から観た。


ハートキャッチプリキュアのテーマは「コンプレックス」である、と以前どこかで制作者の方が話していた。

一人めのプリキュアは、臆病で引っ込み思案な自分を変えたい。
二人めのプリキュアは、モデルで美人の姉に劣等感を持っている。
ほかの登場人物たちも皆、それぞれの悩みや不安を抱えている。
なにかを我慢していたり、本当のことが言えなかったり、好きなのにどうしてもうまくできなかったり、自分に自信がなかったり。
そこを敵につけこまれて、デザトリアンという怪物に変身させられ、そこで初めて自分の本当の気持ちを口にする。
周りの人間は、それを聞いて初めて、彼や彼女の気持ちを知る。

プリキュアに浄化され、元に戻った人たちは、夢の中の記憶としてそのときのことを思い出す。
そして自分の本当の気持ちを受け入れる。
受け入れて、少し、強くなる。


今回改めて最後まで観てみて、改めて、これ子供向けじゃないよなあ、と思った。
特に後半、プリキュアたちがさらに強くなるために、試練を受けるところがある。
その試練の内容が「影の自分と戦う」なのだ。

あなたは弱い、あなたはこういう人間だ、と影の自分は言う。
だけど私は変わった、それは過去のことだ、とプリキュアは言う。
じゃあ、と影が言う。
じゃあ、がんばってきた私は、もう、いらないの?


自分の影との対決、そして受容。
まるでカウンセリングのよう。

本当の私、とか、自分の弱さが嫌い、なんていう気持ちをいつのまにか通り過ぎてしまった私でも、心が揺れる。
それは多分、いつか存在していた私、がそこにいるからだと思う。
私はちゃんと、あのころの私を抱きしめられているだろうか。



大人にこそ観てほしいプリキュア
もし再放送を見かけたら是非。



Blu-rayこれから発売なのか!!
それは再放送はないな。