読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上半期をふりかえる(2月と3月)


今週のお題「2016上半期」


続きまして2月。
2月は日記を見なくてもよく覚えている。
新婚旅行に、フォトウエディングだ。
籍を入れたのは去年なのだけど、去年は猫にいろいろあってそれどころではなかったので、ようやく落ち着いてふたつのミッションを片付けることができた。

新婚旅行は瀬戸内海の

と書いていて、これもし知人に見られたら私だと即ばれてしまうな、と怖じ気づいたのでこの話はやめておきます。
もう遅いか。

そもそも1月、2月って、これ6回もやってたらもう次のお題になってしまう。
巻きましょう。


2月はまあそんな感じで、日数少ないわりにイベントみちみちだった。
そんな中、朝の通勤電車の出来事。

先頭車両、ドアの横にカップルが密着して立っている。男が女を後ろから抱きしめる形。次の駅で降りるのでドア前に移動し、彼らのすぐ隣に立つと、二人も降りるのか、無言のまま女は振り返り、男のほうを向いた。すると男はゆっくりと、本当にゆっくりと、女の茶色いつやつやの髪を撫でた。
ぶは、と笑い出しそうになり必死で堪える。マスクしていてよかった。

このとき感じた面白さは、どうしてもうまく人に伝えることができないままだ。

笑ってしまったのはカップルの仲睦まじさではなく、時間の流れる速さの違いの、強烈さ。
真っ先に電車を降りて階段をざんざん上って降りて、改札を抜けて速歩き、というこれからの流れを頭の中でせかせかとイメージしている私の真横で、突然のアダージェット。
聴いていた音楽が、前触れもなく、突然1/4くらいの速度になったような。
要は二人の世界にまんまと巻き込まれてしまったのだ、一瞬。

その日は半日くらいほくほくして過ごした。



続きまして3月。

ある日、昔の友人の夢を見た。とても風変わりですてきな人だ。
その人に久しぶりに会い、名字が変わった話をする。漢字で書くと、こう、と説明する。
ファンタジックだな、とその人は言う。
その日の朝のこと。

交差点の近くを歩いていたら、空から白いものがふわりと落ちてきた。小さな羽毛だ。おそらく鳩の、羽根の内側の柔らかな毛。ファンタジック、という言葉が蘇る。夢の中から私に魔法をかけたのか、君は。


日常にもドラマチックなことはある。


f:id:macskak:20160627181507j:image


f:id:macskak:20160627181519j:image
猫ばっかり撮ってる