読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔ひとつを武器にして

20代後半のある時期、笑顔が武器だと、立て続けに言われたことがある。

 
そもそも「笑顔は最大の武器であるなあ」というのは、私自身がそのころ(正確にはその少し前)好きだった人に対して思っていたことだった。
ならば私にとってもそれは武器になりうるのかもしれないと、思ったのだか、思わなかったのだか。
少なくとも、うれしいときにちゃんとうれしい顔をしよう、と思ったのは覚えている。
好きな人と話せてうれしいなら、ちゃんとうれしい顔になったらいい。
笑顔に自信はなかったが、うれしい顔をするくらい、いいではないか。

それから一年か二年経って、すっかり友達になったその人から、言われたのだ。
私のことを、笑顔が武器やからな(京都弁)、と。
まあ驚いた。
それはあなたですよ、あなた。

さらに驚いたことに、後日、別の人からも言われる。
笑顔が武器だでね(信州弁)、と。

二人が顔見知りである可能性は高いとはいえ、わざわざ私の話をするほどの仲とは思えなかった。
それでも、もしかして共謀して私をかつごうとしているのかもしれない、と思わないこともなかったが、素直に、うれしくもあった。
そうか、私の武器は笑顔だったか。
そうかそうか。

さらに数ヶ月後、転職活動中に、また別の人からメールで言われた。
笑顔は君の武器なのだ、と。
三度めともなると、さすがに面白くて、もう単純にうれしかった。
信じよう、と思った。



笑顔には自信がなかった、と書いたが、もっと若いころは、自信がないどころか自分の笑顔は気持ち悪いのだと思っていた。
中学生のときに言われたのだ。
「気持ち悪い」。

当時の私は、たとえば代わる代わる誰かをいじめのターゲットにして群れている女子とか、クラスのおとなしい女子をバカにして喜んでいるような男子に良い顔ができない、むしろ露骨に嫌悪感を出してしまう、正義感が強いというか空気を読まないというか、そんな子供だったので、敵も多かった。
そういう連中に言われた「気持ち悪い」だった。
思春期にはかなり堪える。

だからといって笑うのをやめるほど繊細ではなかったし、信頼できる友達も何人もいたので、それからも普通に笑って過ごしてきたが、心のどこかに、その言葉はずっと引っかかっていた。
慣れない場所で、慣れない人たちを前にすると、笑ったら気持ち悪いと思われるかも、と怖くなる。
仲良くなってしまえばそんなことは忘れてしまったけど、初対面はいつも緊張した。人見知りを克服してからも、初対面の人に対して笑うたび、気持ち悪くなかったかな、と不安になった。

でもそれから10年以上経って、いろんな人と出会い、いろんな友達ができて、少しずつ、わかってきた。
たぶん、言うほど気持ち悪くはない。
ごくふつう。
中には、笑ってたほうがいい、と言ってくれる人もいて、それには本当に救われた。


そこからの「笑顔が武器だからね(標準語訳)」である。


ここに到達するまでにいちばん大きかったのは、自信だと思う。
笑顔に対する自信ではなく、自分への自信。
家族や親友を筆頭に、今まで出会って仲良くなって、やがて疎遠になっていった、たくさんの人たちに、私はちゃんと愛されてきた。
たくさんの人たちが私に、作り笑いではない笑顔をいっぱい向けてくれて、また会おうと言ってくれて、
大好きなその人たちがきっと好きでいてくれた私、というものに対する自信。
それがいつのまにか、武器と言ってもらえるほどの笑顔に結実したのだと思う。


私はいわゆる女子力というものが死ぬほど低い。
家事全般苦手だし、おしゃれにもあまり興味ないし(あまり、という副詞が入るあたりが乙女心)、部屋も汚いし、女子会なんかもしないし、流行りものにも興味ないし、飲み会でお酒ついだりもしないし、脇汗すごいし、鼻は上向いてるし、ちょっとしゃくれてるし(ちょっと、という副詞が(以下略))容姿内面ともに惨憺たる有様である。
それでも時々は異性に好かれたりして、好きな人に好きになってもらえたりして、結婚までしてしまった。
武器と呼べるものは笑顔しかないのに。

これってすごいことだと思うのだ。
もともとの顔の美醜では決してない。なにしろちょっとしゃくれてるし。他にもいろいろとアレだし。
持っていないものを求めて努力するのは、もちろんすばらしいけど、笑顔ならば、誰だってすぐに武器にできるのではないか。

同性でも異性でも、仲良くなりたい人がいる方、ぜひ笑ってみてほしい。
あなたを受け入れています、という気持ちで。
特に人見知りさん相手には効果覿面です。
初めは「えっ…」という顔をされても、そのうちきっと心を開いてくれる。
 

ちなみに私自身は、今はよそではむやみに笑わないようにしている。
なにも考えずに人と話すときは笑顔でいたら、余計なところから余計な好意を持たれそうになったので。
勘違いの自意識過剰かもしれないけど、逆に勘違いされるよりよほどいい。
そう、俺のこと好きなんじゃ? と思われる可能性があることが、この武器の危険なところ。
まさに諸刃の刃。



トキノマニ

トキノマニ


うれしいうれしいうれしいと思うままに
うれしいうれしいうれしい顔になりたい
私は知ってる
不幸は幸せの中にあるもの
奥井亜紀「ゆびきりげんまん」


この曲が好きでよく聴いていたので、うれしい時にはうれしい顔、と思ったのです。
今もとても大好きな曲。